不動産投資をご提案 ゴールドトラスト株式会社

賃貸アパートを確認する際には、断熱材や防音の性能にも注目

052-588-2020
本部営業時間10:00-17:30
失敗しない不動産投資「賃貸アパートを確認する際には、断熱材や防音の性能にも注目」のサムネイル画像

賃貸アパートを確認する際には、断熱材や防音の性能にも注目

掲載日 : 2016年06月07日

不動産投資を検討している方へ書籍無料プレゼント

賃貸アパートを確認する際には、断熱材や防音の性能にも注目してみてください。
しかし、断熱や防音の性能については、見た目で判断できる部分がかなり限られています。賃貸アパートの設計資料などが揃っていて、断熱材や防音の性能を確認できる場合は、しっかりチェックを行いましょう。

さて、それ以外にチェックできる部分はないでしょうか。
賃貸アパートの断熱材は壁の中に隠れてしまうので、物件を見るだけでチェックすることが難しく、見た目で分かる部分はかなり限られてしまいますが、窓ガラスの部分と外部の仕上げ材をチェックしてみてください。

窓ガラスにペアガラスが採用されている賃貸アパートは少なく、逆にペアガラスを使用した物件の断熱性能は、壁や天井など全体的に見ても高いことが予想できます。ペアガラスは斜めから見ると、2枚のガラスがあることを確認できます。 また、窓から入る暑さを抑えるには、南側の窓には庇やベランダの天井があることが大切です。東側や西側の窓から入る暑さは遮りにくいので、暑さが入りやすい大きな窓は南面にあることをチェックしましょう。

屋根の仕上げとしては、瓦を使った屋根は断熱性能が高くなります。天井の断熱材のチェックも行いましょう。木造や鉄骨造の壁と天井の断熱材は、グラスウールの50mmの厚みが一般的となります。鉄筋コンクリート造の壁と天井の断熱材は、20mmの厚みの断熱パネルが一般的です。これより厚みが大きければ、断熱材の性能が高い賃貸物件と言えるでしょう。

賃貸アパートの防音性能では、上下左右に隣接する部屋との防音性能が一番大きなポイントです。詳しくはお問い合わせください。



gt0909_DSC_0609.jpg

この記事に掲載されたタグ :

アパート ペアガラス 断熱 断熱材 賃貸 賃貸アパート 防音

OTHERその他の失敗しない不動産投資

  • 失敗しない不動産投資「海外不動産投資について」のサムネイル画像
    海外事情

    海外不動産投資について

    海外の不動産投資と聞くとあまりピンと来ないように感じます。さらに海外に土地を持っていないとなれば、さらに難しく、自分とは縁の遠い話のように思えます。 しかし海外不動産で調べてみるとフィリピンなどは都心...
  • 失敗しない不動産投資「海外不動産投資について」のサムネイル画像
    不動産投資
    海外事情

    海外不動産投資について

    三重県在住の60代主婦の方から海外不動産の投資についてのご相談を受けました。この方は、土地をお持ちでない方で、以前から不動産投資に関心をお持ちであり、海外の不動産投資について考えていました。海外の不動...
  • 失敗しない不動産投資「実例で学ぶ土地活用セミナー」のサムネイル画像
    資産形成

    実例で学ぶ土地活用セミナー

    今回は、名古屋市からお越しの不動産貸付業としてアパート経営を古くからされている、経験も豊富な80歳代の方より良きアドバイスを頂きました。 この方も当初、アパート経営が、相続・贈与対策として活用できるこ...
  • 失敗しない不動産投資「海外不動産投資の利回り」のサムネイル画像
    不動産投資
    海外事情

    海外不動産投資の利回り

    三重県四日市市にお住まいの60代主婦の方から、ご質問いただきました。 どちらかと言うとややお金に余裕のある方で、土地活用の経験はなく、土地も保有していないそうです。 海外不動産投資の目的で、土地活用を...
100億円資産形成セミナー一覧