楽しく資産をつくるなら ゴールドトラスト株式会社

『新商品・新事業』への挑戦!!【会長のひとりごと】【久保川議道】

052-588-2020
本部営業時間10:00-17:30
失敗しない不動産投資「『新商品・新事業』への挑戦!!【会長のひとりごと】【久保川議道】」のサムネイル画像

『新商品・新事業』への挑戦!!【会長のひとりごと】【久保川議道】

掲載日 : 2022年08月02日

不動産投資を検討している方へ書籍無料プレゼント

8.2.jpg

世界中の経営者や経営幹部の『願い』はたった2つだけです。それは①まず、会社を『安定』させたいこと。②次にできれば会社を『成長』させたいこと。この2つ以外の何物もありません。安定と成長だけが経営者の願望であり欲望であり目標なのです。

しかしまあそう簡単なことではありませんね。その証拠に、会社の生存率は10年で6%ですから、100社中94社が10年で倒産・廃業してしまいます。20年ですと生き残る会社は0.3%です。1,000社の中でたった3社しか生き残れない現実があるのですから、安定と成長がいかに難しいことか...。経営者は日々、生きるか死ぬかの戦いをしているのだとご理解ください。

ですが、43年間生き残っている私の考え方は、非常にシンプルです。
①日本中で私しかやらないことをすれば(オンリーワン)会社は自然に安定します。
②そして日本中で私が一番なことをすれば(ナンバーワン)会社は簡単に安定してしまいますね。そして成長させたいのなら、このオンリーワンとナンバーワンの数を1つずつ増やしていけばいいのです。必ず自然に成長してしまいますね。

しかし、そうは言ってもいくつものオンリーワン・ナンバーワンは簡単ではありませんね。ですから①今あるオンリーワン・ナンバーワン商品を、他の業界に販売するのです。当社で言えば、アパートを介護業界に販売して『サ高住』の売り上げを伸ばしました。
②そしてこれからは、賃貸マンションをホテル業界で展開して、新しい業態の『ホテル経営』を新事業としてやりたいと計画しています。ホテル事業は『ワンデイ賃貸マンション』ですから、アパマン業界の隣の業界だからやり易いのですね。

①同じ商品を他業界に売るか、②他業界で同じ商品を事業展開するかです。
そしてそれが③オンリーワン④ナンバーワンであれば、必ず成功して、会社は安定して成長することは間違いありません。当社は今年は約200億円売り上げ・社員数1,150人ですが、5ヶ年計画では売上310億円・社員数1,320人を計画しています。さて①②③④が上手くいくのでしょうか...。

この①②③④が新商品・新事業への挑戦なのですが、もう少し詳しくお話しします。『ワンデイ賃貸マンション』として『ホテル業界』へ進出する場合でも、私は知恵を使って『オンリーワン』『ナンバーワン』商品にしてしまうのです。例えば日本中の何処にもない『5人部屋専用ホテル』にするのです。そして一泊一部屋の料金は日本一安い『2万4,000円』ですね。はい、これでオンリーワン・ナンバーワン商品が完成しましたね。

まあイメージとしては大きい部屋の『高級スイートルーム』です。2人で泊まっても2万4,000円なら、カップルでも泊まりたいと思うでしょう。家族で子供連れの5・6人でもゆったり泊まれます。別のイメージですと、2DKのマンションがホテルになった感じでしょうか。それはキッチンやリビングが付いていて、部屋が2つある感じでしょうかね。今、便利な立地で坪当り200万円くらいの土地を探し始めています。完成までに早ければ1年。遅くても2年以内に新事業として始めたいと計画しています。

ドラッカー先生の教えの中に『経営者の仕事』がありますが、それは①マーケティングとイノベーションで顧客を創造する。②昨日を陳腐化させて明日を創り上げる。③人の強みを発揮させ、弱みを無意味なものにする。

さて今いくつかの新商品を開発中ですし、いくつかの新事業を計画していますが、ドラッカー先生に叱られないように注意しましょう。そして会社が安定して、できれば成長することを願って日々努力したいと考えています。

※この「会長のひとりごと」は、わくわく夢ニュース2019年3月号に掲載されたものです。
当時と状況が異なる場合がございます。ご了承ください。

この記事に掲載されたタグ :

OTHERその他の超資産形成ブログ

資産形成のメソッドをセミナーで公開しています